ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ カスタムROM中心自己満ブログ このブログに書いてあることはすべて自己責任です Discordサーバーは→https://bit.ly/3lROmHz

Pixel 6aを予約しました Magisk導入メイン機としておすすめ

予約しました

 

 

 

到着しました↓

mitanyan98.hatenablog.com

 

store.google.com

安すぎ

円安前の価格発表したまま値上げすることなくそのまま予約販売スタートしました。

Googleストア公式が一番お得です。

53900円は安すぎる!!!

Tensorチップ搭載 Pixel6無印と同性能

廉価版でありながらSoCにはGoogle謹製のTensorを採用しています。スナドラに例えると888~870と同等の性能で、過去採用のスナドラ765Gや835等のAntutu35万点クラスのほぼ倍相当の性能になります。

実性能ではメモリを大量に使うアプリでなければ理論上は全く一緒です。

価格コムマガジンの記事によると、Antutuスコアは74万点と765G(35万点)より大幅に性能アップです。これだけでも買い替える価値があります。

6無印より性能高い説もあります

カメラやらリフレッシュレートやらゴリラガラスやワイヤレス充電等、劣る部分が地味にありますがまあ6は74800円~、6Proは99800円~と価格もハイエンド級なので…

5a(や4a5G等)と比較すると圧倒的進化

劣っている部分はイヤホンジャックの有無、安定感のある背面物理指紋認証程度で、5aや4a5Gとは大きく進化しています。

若干コンパクト

縦152.2mm、横幅71.8mmと、大画面化が進む中でそれなりに小型です。(横幅75mm以下が持ちやすいとされている)

Pixel5aよりも小型化されています。

モックを見た感じ、ベゼルがちょっと太いかなと感じました。

Pixel6無印と比較すると、縦幅が短くなった感じです。

1枚目:POCO X4 GT(6.5インチ) 2枚目:iPhone 12(5.4インチ)

でか端末と言えばのXiaomiと比較してもやはりコンパクト、iPhone12と比べると若干大きい程度です。

イヤホンまで無料(7・31まで)

太っ腹

前作から削られた要素の1つのイヤホンジャックだが、なんとワイヤレスイヤホンが無料で付いてきます。これでとくに追加料金も不要で移行することができます。

なお相場は半額以下

Magisk導入しても問題なくFeliCa等使用可能

過去Pixel端末はFeliCaの実装が楽なのかカスタムROM状態でも全く純正ROMと同じように動作させることができます。

mitanyan98.hatenablog.com

流石に発売されていない端末にカスタムROMは生えてこないので現状使えないが、今後カスタムROMリリースされた場合でも容易に動く可能性が高い。Pixel6でも動くらしいし

 

ブートローダーアンロックは即解除でき、純正ROMでもファクトリーイメージが公開されているので簡単にboot.imgが入手でき、Root化も簡単です。

BLUしようがRootしようがおサイフケータイが使えなくなるようなことも無いので普段使いで影響するようなものが起きないのも良い。

Pixel系で不評なもの(スクショ音、カメラシャッター音、ナビバー表示、「インターネット」タイル等)はすべてMagiskモジュールで対処可能。

 

Magisk導入しました

mitanyan98.hatenablog.com

 

買ったアクセサリ

エッジで貼りづらそうだったのでガイド付きのモノを買ってみました

 

ケースはアリエクで頼んだが、到着まで時間がかかりすぎるのでとりあえず繋ぎとしてでAmazonも使います。