ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ このブログには広告が表示されます

このブログについて。所持端末、使用環境など Discordサーバー、過去端末

★(2022/1/27)勝手ながらブログ名を”ミ田ろぐ”から”ROM焼き試験場”に変更しました。投稿内容自体は依然と変わらないまま行っていきますのでよろしくお願いします★

Discordサーバーもよろしくお願いします

 

2021/05/16 初版

 

よんでね↓

このブログについて

 

経験が浅い人は以下カテゴリの記事を一通り読んでください

mitanyan98.hatenablog.com

 

mitanyan98.hatenablog.com

 

EDL修理

mitanyan98.hatenablog.com

 

続きを読む

au版Xiaomi 13Tのカメラをライカ版にするXposedモジュール登場!【Magisk必須】(Proも)

日本版でも某カメラブランド仕様に!

 

 

日本版はライ力コラボではない

海外版は本体にLEICAの刻印があり、カメラアプリもLEICAが監修したものが使われている
https://amateurphotographer.com/review/xiaomi-13t-pro-review/

グローバル向けではLEICAコラボレーションして発売されているXiaomi 13Tシリーズ。しかし日本発売モデルはコラボが外されているモデルが投入されている。厳密には日本以外でもLeica無し版は存在するが、それでも使えないのはずるいということでMagisk+xposedの力で有効化してしまった。

必要なもの

github.com

 

本体のOSは純正MIUIで問題ない。MIUIバージョン14.0.7.0で確認済み

 

Xiaomi 13T Pro用はこちら

github.com

手順

BLU、Magisk導入、LSPosed導入は割愛する。

 

モジュール本体のAPKをインストールすると、LSPosedがモジュールを有効化するか聞いてくるので有効化する。

 

有効化後、カメラのアプリ情報を開き、「強制終了」 または端末を再起動させる。

 

初回起動の場合、Leicaのエフェクトを選ぶ画面が出てきて、LEICA仕様になったことがわかる。

 

標準の場合文字は黄色だが、LEICA版だと赤になります。Leica透かしが選べるようになります。

 

←オーセンティック バイブラント→ でしっかり色味が変わっています。(オーセンティックのほうが黒が濃い)

 

またシャッター音設定も出すようになっているので、エンジニアモード出さなくても無音化できるようになっています。(キャリアROM規制はスイッチを隠すだけ)

 

まとめ

Magiskが必要だが特別な感じになります。

POCO機種の純正テーマの丸いアイコンが嫌な人向けのおすすめテーマ決定

嫌だよねー、とくにカメラアイコン

 

 

純正テーマだとリミットレスが選べるが、スッキリとしすぎているというか一般MIUIと比べてもなんかちょっと違うんだよな、アイコンが四角すぎる(極端だなー)

 

純正Hyperと同じようなやつを見つけたので教えてやるぜー

 

 

テーマアプリを起動する。「パーソラナイズされたおすすめ」はオフ推奨

 

テーマストアにはOfficial miui themeみたいなのもあるが、余白が白く表示されるダサいものだったので微妙。

 

「Hyper」と検索する

飛行機の壁紙が特徴の「Hyper depth」これがおすすめ。

この純正っぽさ!!余白も無くあっさりもしすぎないちょうどいいデザイン!カメラアイコンも非POCO風になりわかりやすくなった。

(クリーナーウィジェットの余白はPOCO純正の時点で発生しているので目を瞑ってほしい

ロック画面はこのような感じだ。気に入らなければ後でカスタマイズしてしまえばよい。

また、「高度なカスタマイズ」でアイコンだけ設定することもできる。

 

 

テーマが変わっているだけで、アニメーションや機能が非POCO機種のようになるわけではない