ミ田の備忘録

なんだこの自己満ブログ

NintendoSwitchをUbuntuのPCにしてしまおう!(準備、起動編)

SXOSはAceOSのBoot.datと共存できなくてドングルで起動できなかったり本体BANしそうになったりとかいろいろ嫌になってきたのでSysNANDには全く手を付けないLinuxをいじることにしました。

 

必要なもの

16GB以上の高速なSDカード

 →AceOSProもらった時についてきたSDカード(32GB)を使いました

RCMモードに入るための器具

 →これもAceOSProに付属してたやつ。Amazonでも売ってる!

PC、Android端末などのペイロード送信できるもの

 →普通にWindowsPCを使いました

 あると便利

ドック

USBキーボード、マウス

モニター

 

不具合、動作しないもの

  • サスペンド、スリープ、リブート
  • ドックに差し替えを繰り返すとUSB機能が死ぬ
  • もろもろ

手順

 

SDカードの準備

https://gbatemp.net/threads/l4t-ubuntu-a-fully-featured-linux-on-your-switch.537301/

からUbuntu本体、アップデートファイルをダウンロードする。

f:id:wwwwwplane:20190516193604p:plain

 

ダウンロードした本体を、EctherなどでSDカードに焼く。SDカードのデータはすべて消えるので注意。

f:id:wwwwwplane:20190516193750p:plain

終了時、Windowsを使っている場合「ドライブのフォーマット」のダイアログが出る場合があるので、絶対フォーマットしないようにしましょう。

f:id:wwwwwplane:20190516194810p:plain

 

書き込みが終わったら、SDカードを刺し直して、認識できるドライブを確認する。

f:id:wwwwwplane:20190516195010p:plain

↑の場合、E:\。 F;\はフォーマットしろ!と言われるのでくりっくしてはいけない

 

必ず実行する:読めるドライブ内にある、[boot]フォルダと[boot.scr]フォルダを削除する。

以下、読めるドライブ=E:\と表記する

 

最新版のHekate_CTCerModをダウンロードし、E:のルートに解凍する。

f:id:wwwwwplane:20190516195647p:plain

アップデータも、同じように解凍する。

f:id:wwwwwplane:20190516195902p:plain

この時、置換するかどうか聞かれるので必ず置換する。

f:id:wwwwwplane:20190516200003p:plain


これでSDカードの準備は終わり

 

Ubuntuの起動

SwitchをRCMモードで起動する。

f:id:wwwwwplane:20190516200451p:plain

JIGを刺して、音量+を押しながら電源

 

PCに接続し、最新版のHekateペイロードを送信する。

割と重要:起動した後すぐJIGを外したほうが安定してLinuxが起動する可能性が高い

f:id:wwwwwplane:20190516201044p:plain
f:id:wwwwwplane:20190516201059p:plain
f:id:wwwwwplane:20190516201212p:plain
Launch→More Config→L4Tと選ぶ


画面が真っ暗になるが、しばらく待つとインストール画面になる。

f:id:wwwwwplane:20190516221716p:plain
f:id:wwwwwplane:20190516221736p:plain
f:id:wwwwwplane:20190516221802p:plain
f:id:wwwwwplane:20190516221831p:plain
書いてある通りに進めていく。この時点でドックやタッチパネルが使えるので、USBキーボード、マウスがあると便利。タッチパネルでも操作できる

しばらくすると勝手にリブートされて初期画面になる。

f:id:wwwwwplane:20190516222256p:plain

長くなったので初期設定は次の記事へ~

mitanyan98.hatenablog.com