ミ田ろぐ

カスタムROM中心自己満ブログ

【Switch】ニンテンドースイッチにUbuntuをインストールする(2020最終版)【L4T】

なんかツイッターUbuntuネタがバズってたからリバイバルします。

以前のビルドより大幅に進化しております。

以前のビルド↓

https://mitanyan98.hatenablog.com/entry/2019/05/16/222558

 

本体内部にはじつは何も手を入れませんが、メーカーが想定した起動方法ではないです。つまり何が起きてもすべて自己責任でお願いします。

 

 用意するもの

  • 初期版のSwitch本体(いわゆる未対策機)
  • SDカード(高速なもの)
  • RCMモードに入るための器具
  • PC

未対策機かどうか知る方法

mitanyan98.hatenablog.com

本体バージョンは関係ないです。古くても最新でも動きます。

動くもの

  • Full USB PD/OTG/OTG Docks
  • Bluetooth (both controllers and audio)
  • Full Joycon Support(Excluding NFC, and IRcamera)
  • Nvidia GPU drivers - Vulkan and OpenGL
  • Audio - Headphones, speakers and over HDMI when docked.
  • Touchscreen(more fixes)
  • Display
  • WiFi(sleep fixes/stability fixes)
  • CPU frequency scaling - The CPU scales from 200mhz to 1.7ghz (what switch is binned for) depending on the load its under. Fans are adjusted to account for this
  • Full sdcard speed
  • Hardware video acceleration when using the built in videos app (means you can watch videos without battery draining massively)
  • Overclocking
  • LP0 Sleep mode
  • IMU/Ambiant Light sensor support
  • reboot2payload
  • Minerva Memory Training
  • Support for Moonlight-QT
  • Initramfs updates(fix partition resize, add boot logo, and error screens)

ほとんどの機能が動きそうです。

gbatemp.net

手順

SDカードの準備編

SDカードはあらかじめボリュームラベルを「SWITCHSD」、ファイルシステムFAT32でフォーマットしておくWindowsの場合は標準フォーマットではできないので別のソフトを使おう。

f:id:wwwwwplane:20201222041119p:plain

https://download.switchroot.org/ubuntu/

から、switchroot-ubuntu-3.2.0-2020-10-05.7zをダウンロードする。

f:id:wwwwwplane:20201222042345p:plain
f:id:wwwwwplane:20201222042443p:plain

ダウンロードが終わったら、解凍しておく。SDにコピーしておく場合、後述のパーティショニング時10GB以下にしないこと。データが飛びます。

 

次に、Hekateをダウンロードし、解凍。

https://github.com/CTCaer/hekate/releases/latest

f:id:wwwwwplane:20201222042715p:plain

SDカードにコピーする。

SWICTH編

https://github.com/eliboa/TegraRcmGUI/releases/latest

最新のTegraRCMGUIをインストールする。msiがインストローラ版 zipがポータブル版

ドライバなどインストールしておく

f:id:wwwwwplane:20201222043643p:plain

RCMで起動

まず、SDカードを入れる。

f:id:wwwwwplane:20190516200214j:plain

右のジョイコンスロットにジグを差し込み、音量+と電源を同時押しし、RCMモードで起動する。画面真っ暗が正解。この状態でPCとUSBケーブルで接続する。するとRCM OKとなりPCと接続認識される。

ジグつけっぱなしだと起動しづらいらしい

ペイロード送信

f:id:wwwwwplane:20201222043847p:plain

[Inject Payload]の左にあるファイルを開くボタンを押し、解凍したHekateのフォルダ内にあるbinファイルを開く。

開いたら[Inject Payload]を押して送信する。対策機だとここで失敗するゾ

Hekate操作 パーティショニング

Hekateが起動すると、日付を聞かれるので設定する。タッチパネルで操作する。

f:id:wwwwwplane:20201222044647j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222044739j:plain

メイン画面の上にある"Tools"を選び、下の"Arch bit・RCM・Touch・Partitions"を選ぶ

f:id:wwwwwplane:20201222044812j:plain

”Partition SD Card”を選び、SDカードのパーティショニングを行う。

f:id:wwwwwplane:20201222044820j:plain
f:id:wwwwwplane:20201222044829j:plain

スライダーを調節し、パーティショニングする。

f:id:wwwwwplane:20201222045529j:plain

基本LinuxEXT4)をデカく選び、インストール用にHOS(FAT32)を10GBほど割いてあげます。

”Next Step”を押し、Startを押します。

注意点

f:id:wwwwwplane:20201222045014j:plain

最初の段階でデータコピー後FAT32パーティションを小さくしすぎるとインストールイメージが消えます。上の方法は確実な方法です。時間がかかりますが。

 

f:id:wwwwwplane:20201222045538j:plain

問題なく終了したら、SD UMSを押し、PCと接続します。接続後USBは抜かないこと

データコピー 

※コピー済の場合飛ばす。

f:id:wwwwwplane:20201222045601j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222050930p:plain

PCとSDカードが接続されます。ここでSDカードに解凍しておいたUbuntuのファイルをルートディレクトリにコピーします。

f:id:wwwwwplane:20201222045410j:plain

コピーし終えたら、"ディスクの取り出し"で認識解除します。USBを抜くなどして解除してはNG

Ubuntuのインストール

f:id:wwwwwplane:20201222045538j:plain

closeを押し、[Flash Linux]を押す。

f:id:wwwwwplane:20201222051042j:plain

[Continue]でFlashが開始される。

f:id:wwwwwplane:20201222051455j:plain

終わると、ファイル削除してOKか聞いてくるので好きなようにする。

f:id:wwwwwplane:20201222051650j:plain

終えたら、メインメニューに戻り、[More Configs]を選ぶ。

f:id:wwwwwplane:20201222051656j:plain

あるL4T Ubuntuを押すとUbuntuが起動する。

 

インストール完了

f:id:wwwwwplane:20201222051659j:plain
f:id:wwwwwplane:20201222051719j:plain

2.3分ほどかかります

f:id:wwwwwplane:20201222051814j:plain

同意する。

f:id:wwwwwplane:20201222051823j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222051829j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222051844j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222051856j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222051902j:plain

f:id:wwwwwplane:20201222051925j:plain

通常のUbuntuのようにセットアップが進む。

f:id:wwwwwplane:20201222052203j:plain
f:id:wwwwwplane:20201222052243j:plain
f:id:wwwwwplane:20201222052231j:plain
f:id:wwwwwplane:20201222052238j:plain

設定したパスでログインして完了!

あとは煮るなり焼くなり好きにしよう。通常のUbuntuタブレットとして使えます。

日本語化不完全ですがやり方はググれば出る。

f:id:wwwwwplane:20201222053109j:plain

ドックから映像出力もできるしUSB機器も普通に使用可能。Youtubeも結構再生できる。 意外と使えるぞ。

Sudo apt updateの修正

turul.ca...のリポジトリが死んでいるので、修正する必要があります

Fix Switch L4T Ubuntu Failed To Connect To turul.canonical.com issue - YouTube

この動画の概要欄を参考に実行しましょう。

 

再起動時

電源オフにした場合、そのまま起動するとSwitchの標準OSが立ち上がります。(RCMで起動してないので)

なので再起動するたびにペイロード送信し、MoreConfigを選び、Ubuntuを選ぶ必要があります。

自動起動

Tools→AutoRCM ONにするとジグなしでRCMモードが標準で起動します。通常SwitchOSが普通では起動できなくなります。

Options→AutoBoot→L4T Ubuntu…を選択 ↓のSave Optionsでセーブ

Hekate起動時自動で設定を読み込んでUbuntuを起動させます。

 

まとめ

以前のビルドの不安定さがほとんどなくなってていい感じ。インストール方法も楽になっていると感じた。

gbatemp.net

ここでスワップファイルやジョイコン活用法、Dolphin(GCエミュ)やRetroArchのインストール設定、Steamリモートプレイ(moonlight)など様々な活用法があるので試してほしい。(英語だが)