ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ カスタムROM中心自己満ブログ このブログに書いてあることはすべて自己責任です Discordサーバーは→https://bit.ly/3lROmHz

カスタムしたXiaomi端末を売却する時の注意点&MIUIのリージョンを確認する

日本版Mi11lite5gが出るといううわさを聞いたので、ほぼ使ってないRN10PかPocoF3どっちかを売却しようと考えた結果PocoF3にしました。

f:id:wwwwwplane:20210610143117j:plain
f:id:wwwwwplane:20210610143134j:plain
f:id:wwwwwplane:20210610143242j:plain
f:id:wwwwwplane:20210610143258j:plain


そこで、すでにカスタムした端末を売るときの注意点を過去の経験を交えて紹介したいと思います

 

 

どこで売るか

  • フリマサイト

メリット:値段が自由 発送が楽&安い

デメリット:悪い購入者に当たる可能性がある 手数料そこそこ取られる

  • オークション

メリット:思わぬ高額になることがある

デメリット:時間がかかる 思ったより安値になってしまうこともある

  • 買取屋さん

メリット:確実に買い取ってもらえる 現金が直でもらえる

デメリット:買い叩かれる 交通費がかかる 買い取ってもらえない場合もある

説明欄

フリマサイトやオークションサイトで売る場合、自分で説明する必要があります。

 

5年ほどメルカリやって思ったのは、長々と書くより説明しなさすぎるくらいが一番売れます。

 

ただし、不具合がある場合や、過去カスタムした場合は詳細に書く必要があります。なぜかというと、難癖をつけて返品させようとする、こちらが損になってしまう場合もあるので対策としても不具合や傷などに関しては詳細に書いたほうが良いです。

 

開封品を売る場合、到着後開封してカメラレンズあたりを割れさせるなど初期不良だと騙して返品させる手口があります。ありえないと思いましたが、5chにやっていると公言している人がいた

購入された後

必ずどのROMを焼くか言いましょう。

MIUIに戻してブートローダーもロックするのが基本安全

 

カスタムROMが売りの場合は個人情報削除に注意する

初期化

ブートローダーロック済の場合

必ずMiアカウントやGoogleアカウントからサインアウトしておく。

その後

設定→デバイス情報→ファクトリーリセット

 

カスタムリカバリが入っている場合は削除できない可能性もある。

個人情報削除

TWRPやOrangeFoxの「Wipe」は、ストレージ内の写真などの個人データには手を付けづそのまま残してしまいます

カスタムリカバリを入れたまま売る場合は、Wipeではなく必ず「Format Data」を実行して個人データを削除しましょう。

 

純正リカバリの場合、Wipe Dataですべて初期化されます。

おサイフケータイ初期化

端末初期化してもおサイフケータイ情報は削除されないのでちまちまサービスを消していく必要がある。

 

交通系カードはGoogleアカウントに預ける。

iDなどはその発行元に削除方法を確認する。

かざすフォルダはヘルプから消すリンクがありわかりづらい

f:id:wwwwwplane:20210718032654p:plain
f:id:wwwwwplane:20210718032700p:plain

すべてのサービスを消すとメモリ使用状況が0になる。この状態でないと売ってはいかん

Miflashで焼く(アンロック済の場合)

リージョンに注意して、FastbootROMを焼く。ブートローダーアンロック済でも構わないが、買った人がリージョン間違えて文鎮化させるとかわいそうなので、ブートローダーはロックして送ったほうがいい場合もある。

 

本体リージョンの確認

必ず最初に入っていたリージョンを確認しておく。

f:id:wwwwwplane:20210611025847j:plain

日本版の場合はglobal

f:id:wwwwwplane:20210421161116j:plain

アリで買うグローバルモデルでも、EEA版の場合もあるので注意(実際今回買ったPocoF3はEEA版だった)

中国版しかないものはわかりやすいが、MiMIXシリーズとかは非常に判別しづらいので注意する

 

PocoF3を例に挙げて説明する

f:id:wwwwwplane:20210611030020p:plain

右のMIUIの項目にバージョンが書かれているが、その後の文字列に注目すると

V12.0.5.0RKHEUXM(EEA)

V12.0.3.0RKHMIXM(Global)

比較すると

V12.0.5.0RKHEUXM

V12.0.3.0RKHMIXM

という感じで、地域ごとに決められた文字列になっていることがわかります

 

RKHなどの3文字が機種、XMは不明(Xiaomi Mobile?)その間の2文字が国を表しています。

Au版Mi 10 lite 5GはQJI JP KD

ソフトバンク版Redmi Note 9TはQJE JP SBとなっています。後ろ2文字はキャリア名かな

 

型番でもおおまかに区別することもできます

リージョンを間違えてリロックすると

20201223214359

画面下部に

This MIUI version can't be installed on this device

と表示され、リカバリーモードでループします。MIUIが起動しなくなります。

といわれてもまだ焦ることはなく、MiUnlockでアンロックすればそのまま解除できます。自分のアカウントで解除する場合に限り。

つまり、アンロックした人がわからないBLU済みの中古端末をリージョン間違えてリロックした場合詰みになります。

このMIMIX2sはその詰みになっています。(わら)

EEAか?中国版か?箱もなくわからない…

 

ちなみにUnbrick.ruはこのような状態になっても復旧させることが可能なようです。