ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ このブログには広告が表示されます

HyperOSはキャリア版であればBLUしててもOTAが来る

当ブログは広告を利用しています。

 

www.au.com

先々週発売したばかりのXIG05ことRedmi Note 13 Proにセキュリティパッチのアプデが降ってきました。

しかし、HyperOSではBootloaderUnlock状態だとOTAがストップすると言われております。

他ユーザーの報告によると実際にCN版機種やグローバル機種をBLUしているとOTAが来なくなっており、公式ROMを使う場合はちょっと不便な状態になっている。

結論:普通にアプデできる

キャリア版機種はOTAアプリがGoogleのものに変更されており、HyperOSのアップデートアプリは使えなくされている。ということは…

実際に確認してみたところごく普通にアプデが降ってきました。

更新サイズは208MBなのでIncremental(差分)アプデですね

 

※Magisk入れたままだと署名チェックが入ってOTAさせてくれないのでイメージのレストアをする必要があります。

非キャリア版の場合はどうすんの

mifirm.net

mifirm.netやxiaomifirmwareupdater.com等のOTAを取得公開しているサイトからFullROM.zipをDLして、TWRPで適用する。

 

もしくはfastboot ROMをDLし、「flash_all_except_strage.bat」を実行する 

か MiflashでSave user dataにチェックを入れ実行させる。

 

mitanyan98.hatenablog.com

もしくはスワップ方式でがんばってアプデする。

OS1.0.3.0 UNRJPKDのboot.img

https://discord.com/channels/825126101591392267/825129589160017981/1245063192124854282

Discordにうpしておきました

 

mitanyan98.hatenablog.com