ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ カスタムROM中心自己満ブログ このブログに書いてあることはすべて自己責任です Discordサーバーは→https://bit.ly/3lROmHz

Redmi K40 Gaming向けにMIUIベースのカスタムROMがあったので入れ方記録

K40Gamingを手に入れた!

 

EliteROM

パキスタン人製作のMIUIベースのカスタムROM

対応機種はそこまで多くないが、MTKであるRedmi K40 Gaming(Dimensity1200)に対応している!まだeuですら非対応であるのに

forum.xda-developers.com

必要なもの

  • ROM本体

sourceforge.net

K40 Gaming はコードネーム「ares」

  • Android12対応のTWRP(の入ったboot.img)

https://t.me/k40gamingchannel/39

  • TWRP入れるアプリ

https://t.me/k40gamingchannel/37

 

本体はStable CN 13.0.7から入れた

手順

TWRP_recovery_v2.2.exeを実行する

数字のように実行すると、端末がTWRPで起動する(はず)

TWRP操作

①Format dataしてRecoveryで再起動(完全中国語で変更不可だが)

②ADB sideload か ROM本体をストレージにコピーしインストール

③インストール後、Recoveryに再起動

④Fastbootdに再起動する

⑤ROM本体中にあるBoot.imgをFastboot flash boot boot.imgでFlashする

⑥再起動してインストール完了

起動ロゴで固まる場合は電源ボタンを長押しするとセットアップ画面が出る。か強制再起動でも立ち上がる

OS見る

セットアップアプリはAOSPのものが流用されている。

日本語非対応!

入れる意味無いな?以下スクショはAndroplusの日本語化モジュールを使って日本語化しています

独自カスタム項目があります。Liteとあるように、どうやら課金バージョンがありもっと改造できるみたいですが…知りません

カメラや位置情報使用時のアイコンをオフにしたり、クイック設定の行数と列数を指定できます。

ホーム画面カスタム項目がやたら多いです。

相変わらずサードパーティランチャでジェスチャはできません。

 

通常K40GamingにF3GTのROMを焼くとNFCが使えなくなりますが、中華版ベースなため普通に使えます。