ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ カスタムROM中心自己満ブログ このブログに書いてあることはすべて自己責任です Discordサーバーは→https://bit.ly/3lROmHz

Redmi Note 11T Pro(POCO X4 GT)向けのTWRPが公開

最新機種にもうTWRP

 

 

公開ページ

github.com

 

バイブレーション以外は動作するみたいです。

バックアップリストアは使えません。

インストール方法

Zipファイルを解凍し、中にある「Note 11T Pro TWRP刷写.bat」を実行するのだが…

文字化け

めちゃめちゃ文字化けして読めません。

 

内容:

@echo off

set twrp_version=twrp-12.1

title "Note 11T pro TWRP Recovery flashtool version: %twrp_version% "

:menu
cls
echo "Note 11T pro TWRP Recovery flashtool version: %twrp_version% "
echo Please select a kernel version: 
echo          1.  original 
echo          2.  twrp
echo.
echo PS: Please enter Fastboot mode first
echo.
set choice=
set /p choice= select: 
if not "%choice%"=="" set choice=%choice:~0,1%
if /i "%choice%"=="1" (
set kernel=orig
goto flash
)
if /i "%choice%"=="2" (
set kernel=twrp
goto flash
)
echo.
echo Invalid input, please try again......
timeout /t 2 /nobreak > nul
echo.
goto menu

:flash
cls
echo image file: %twrp_version%_%kernel%.img
echo.
echo Get the current slot...
for /f "tokens=2 delims=: " %%i in ('fastboot %* getvar current-slot 2^>^&1 ^| findstr /r /c:"current-slot:"') do (set slot=%%i)
echo slot %slot%
echo.
echo flash vendor_boot now
fastboot flash vendor_boot_ab %twrp_version%_%kernel%.img
echo flash complete.
echo.
if "%slot%"=="b" (
echo reboot into Fastbootd
fastboot reboot fastboot
echo Setting slot %slot%
fastboot --set-active=%slot%
echo.
)
echo reboot into Recovery
fastboot reboot recovery
pause
exit

どうやらABシステムのMTK機ではVendor_bootがリカバリ領域のようだ

なので、バッチファイルを使わなくても

fastboot flash vendor_boot_ab twrp-12.1_twrp.img

を実行しても入る。

 

英語に訳したバッチファイルを作ってみました。

あなたが今使用中のバージョンの純正MIUIのvendor_boot.imgtwrp-12.1_orig.imgにリネームし、同じフォルダにおいてください。

(ただし自己責任で!!!!!!!!!!!)

drive.google.com

バッチファイルの使い方

①FastbootモードでPCと接続する

②バッチファイルを実行し、[2]を入力しエンター

③TWRPが焼かれ、TWRPが起動する。

MagiskAPKのFlashやADB sideloadは普通に動いた。

 

これでいちおうRecoveryROMを導入することができるようになった。かも

別のTWRPだが、MIUIのFlashはダメらしい!!!焼くな!!!

なぜか未だにChinaのFastbootROMが無い

注意点

RebootメニューのABスロット切り替えボタンを押すとFastbootループするようになります。

Miflashで初期ROMをsave user dataで焼けば元に戻りますが、注意してください。

 

純正リカバリに戻す場合

 

②で[1]を入力しエンター

③純正に戻る