ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ このブログには広告が表示されます

【ロマン】Redmi Note 9T向けカスタムROM「StatiX OS」インストール、使用感

当ブログは広告を利用しています。

 

この記事は掲載から1年以上が経過しています。

もし試す場合は要求ファームウェアやインストール手順が変わっている場合があるので最新の情報を自分で調べてから試してください。

すべて自己責任です。

 

またまたRedmi Note 9Tを買いました。

f:id:wwwwwplane:20220131000058p:plain

 

そんで、気になってたStatiXOSを入れてみました。

 

 

必要なもの

ソフトバンク版 64GB MIUI12.5.7で検証しました。

初期ROMは各自でバックアップ取ってください。存在しないので…

github.com

f:id:wwwwwplane:20220131000444p:plain

imgとzip両方ダウンロードする

  • ROM本体

downloads.statixos.com

f:id:wwwwwplane:20220131000553p:plain

zipをダウンロードする。Gappsは同梱なので不要

  • (オプション)Magisk v24以降

Magisk v23はAndroid12に非対応のため

カスタムリカバリインストール

flash

端末をFastbootモードで起動させ、PCに接続する。(音量下+電源同時長押し)

以下のコマンドを実行し、recoveryにimgを焼く。

fastboot flash recovery recovery.img

以下のコマンドを実行し、リカバリに再起動する。

fastboot reboot recovery

f:id:wwwwwplane:20220131001310j:plain

画面にdm-verity corruptionとか小さく出て起動しない場合は、表示中に1回電源ボタンを押すとリカバリが起動します。

vbmeta焼き

一緒にダウンロードしたvbmeta-a11.zipを端末にコピーしてインストールします。

これで維持されるらしい

カスタムROM焼き

ROM本体インストール

①Format dataする前に、端末にROM本体のZipファイルをコピーする。

②wipeからdata,cache,dalvik cacheをwipeする(Format dataではない)

f:id:wwwwwplane:20220131001630j:plain

③TWRPからROM本体をインストールする。

Format data

インストール後、リカバリに再起動させ、Format dataを実行する。

Magiskインストール

Magiskインストールする場合、再度リカバリに再起動させ、MagiskのApkをコピーしてインストールする。

md1img焼き

日本版では海外版と通信が異なるらしく、日本版のmd1img.imgというファイルを焼かないと通信が動かないようだ。インストール前に抜き出しておく必要がある。

とあるツールを使ってバックアップ取ったのでbinファイルだが、そのままfastbootから焼けた。

f:id:wwwwwplane:20220131003714p:plain

 

再起動してインストール完了

 

起動

f:id:wwwwwplane:20220131001929j:plainf:id:wwwwwplane:20220131001936j:plain

電気っぽい起動画面 セットアップ画面はAOSPそのものだ

使用感

f:id:wwwwwplane:20220131002654j:plain

プリインストールアプリはGoogle系が多い。スクリーンショットアプリとMagiskは標準では入ってない。

 

f:id:wwwwwplane:20220131004045j:plain

AOSPカメラではなく、CameraGoアプリが入っていた。しかし単眼しか使えない。でもNote9Tは超広角も無いしこれで充分ではないだろうか?

 

f:id:wwwwwplane:20220131002909p:plain
f:id:wwwwwplane:20220131002913j:plain

設定画面は特にカスタマイズされていない素のAndroid12だ。

f:id:wwwwwplane:20220131003245j:plain
f:id:wwwwwplane:20220131003248j:plain

ジェスチャや便利機能設定もほとんどなくただのAOSP泥12だが、目立ったカスタム項目はシステムUI調整ツールが特に何もせず設定項目にあるのとDT2W設定が追加されている程度ととても少ない。

 

f:id:wwwwwplane:20220131003031j:plain
f:id:wwwwwplane:20220131003034j:plain

バイス情報を見るに、IMEIは普通に認識している。しかしSIM2は無いのでピン実装もされておらずIMEI情報も書き込まれていないのだろう。

f:id:wwwwwplane:20220131002135j:plain

OCNモバイルOneを刺してみたが、3Gしかうごかん・・・

通信、通話はできました。WiFi通信も遅いとかは無く正常に動作している。

 

f:id:wwwwwplane:20220131002815j:plain
f:id:wwwwwplane:20220131002818j:plain

通知やクイック設定はAOSPのままで特に追加要素はない。

 

まとめ

設定を弄っていても特にガクガクするとか電源が落ちるとか再起動するとかもなく、割と安定して動いている印象がある。

通信関係やいろいろバグがあり、携帯電話としての実用性はあまりないが、MTK機としては普通にAOSPのカスタムROMが動いているというロマンを感じた。

バグ(2022.1.22ビルド)