ROM焼き試験場

旧:ミ田ろぐ カスタムROM中心自己満ブログ このブログに書いてあることはすべて自己責任です Discordサーバーは→https://bit.ly/3lROmHz

Redmi K40 Pro/Mi 11i向けカスタムROM「Pixel Experience」インストール&使用感

f:id:wwwwwplane:20211103011122p:plain

 

 

 

必要なもの

  • ブートローダーアンロック済の本体
  • USBケーブル
  • ADB Fastboot環境のあるPC

必要なファイル

https://mega.nz/folder/OAow1TBI#O_jJ0ntCTC9gFuHbVdHUgg

f:id:wwwwwplane:20211109033405p:plain

Plusと無印版があるが、Plusのほうが細かく弄れるのでおすすめ。

boot.img、fw~.zip、ROM本体をダウンロードする。

GAppsは同梱されているので不要。

インストール方法

READMEFIRST.txtというテキストファイルにも書かれているが、その通りにやるとうまくいかないので手順を書く。

仮boot.img焼き

端末をFastbootモードで起動させる。

f:id:wwwwwplane:20211108180414j:plain

音量-と電源ボタン長押し

 

boot.imgがリカバリを兼ねているので焼く必要がある。

ダウンロードしたboot.imgをbootに焼く。

fastboot flash boot boot.img

f:id:wwwwwplane:20211109034614p:plain

OKAYで終わればOK。

リカバリに再起動

コマンドで再起動したほうが確実だ。

fastboot reboot recovery

f:id:wwwwwplane:20211108180444j:plain

PixelExperienceのリカバリが立ち上がる。

リカバリ操作

リカバリーモードはタッチで操作はできない。

音量ボタンで上下に移動、電源キーが決定。

左上の「←」で前メニューに戻る。

Format dataする

内部ストレージは完全に初期化されるので、留意する。

f:id:wwwwwplane:20211108180503j:plain
f:id:wwwwwplane:20211108180509j:plain

Factory resetから、Format dataを選び、Format dataを実行する。

Firmwareを焼く

Xiaomi特有の、カスタムROM環境で内部のMIUIのバージョンによって動作が変わることがあります。PixelExperienceでは12.0.5が指定されています。

f:id:wwwwwplane:20211108180523j:plain
f:id:wwwwwplane:20211108180529j:plain
f:id:wwwwwplane:20211108180540j:plain

PCとUSB接続後、Apply update→Apply from ADBを実行

 

PCでadb sideloadコマンドを使用してfirmwareを焼く。

adb sideload fw_haydn_miui_HAYDN_V12.0.5.0.RKKCNXM_cdb31bc683_11.0.zip

f:id:wwwwwplane:20211109035615p:plain

f:id:wwwwwplane:20211108180611j:plain

リカバリを再起動

手順書ではそのままROMのZip焼けと書いてありますが、エラーが出て焼けないのでリカバリを再起動します。

f:id:wwwwwplane:20211108180719j:plain

Advanced→Reboot to recovery

ROMインストール

Firmwareと同じように、ROM本体のZipをadb sideloadでインストールする。

adb sideload PixelExperience_haydn-11.0-20211027-1607-UNOFFICIAL.zip

f:id:wwwwwplane:20211109035937p:plain

コマンドプロンプトの表示は47%で止まるが、正常だ。

f:id:wwwwwplane:20211108181216j:plain

端末側でInstall completed with status 0.表示が出ていればインストール完了。

再起動

Reboot system nowで再起動。

f:id:wwwwwplane:20211108181328j:plain

Pixelの起動画面になる。

使用感

f:id:wwwwwplane:20211108181342j:plain

いつものPixelだ。

f:id:wwwwwplane:20211109040314p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040320p:plain

初期インストールアプリはとてもシンプル

f:id:wwwwwplane:20211109040351p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040355p:plain

設定画面もシンプルでGoogleAOSPそのもの

90Hz
f:id:wwwwwplane:20211109040438p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040442p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040445p:plain

可変リフレッシュレートではないが、60,90,120Hzに切り替えが可能。

カメラ

デフォルトはショボいAOSPカメラだが、GCam8.1が使えた。

f:id:wwwwwplane:20211108182946j:plain
f:id:wwwwwplane:20211109043205p:plain

カメラも3つ問題なく認識している。1.9xはマクロカメラだ。

f:id:wwwwwplane:20211109043418p:plain

メイン、マクロ、超広角のプロパティ

認証
f:id:wwwwwplane:20211109040606p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040610p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109040613p:plain

顔認証と、指紋認証が使用可能。精度はMIUI同様だ。

SafetyNet通過

f:id:wwwwwplane:20211109040714p:plain

PE無印はMagisk入れてすらないのになぜか通らなかったが、Plus版にするとSafetyNet通った。ROMによっては非Root、Magisk未インストールでもRoot検知してアプリがうごかないということがあるが、これは特に問題も無くすべてのアプリが動いた。

通話,モバイルデータ

f:id:wwwwwplane:20211109040901p:plain

auのPovoで確認したが、全く無問題です。VoLTE、モバイルデータ通信使用できます。

GPS

f:id:wwwwwplane:20211109042748p:plain

つかえます。

DT2W

結構反応良いです。

ベンチ

f:id:wwwwwplane:20211109043049p:plain

特に下がっているということはない。

ちょっとカスタマイズ項目

ほとんどカスタマイズ項目は無いが、ステータス項目はちょっとカスタムできる。(plusのみ)

f:id:wwwwwplane:20211109043611p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109043618p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109043615p:plain

システム→ステータスバー

で見た目を若干カスタムできます。

  • 画面明るさスライダーを、クイック設定全部開かなくても表示させることができます。
  • 時計秒数表示やデータ通信速度表示もできます。
Gフォト無制限?
f:id:wwwwwplane:20211109043925p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109043929p:plain

Pixel系ROMなので例によって無制限保存ができそうだが…

 

f:id:wwwwwplane:20211109043944p:plain
f:id:wwwwwplane:20211109043953p:plain

左:PEから(表示上は)節約画質でアップロード 右:モノホンPixel4aから節約画質でアップロード

 

つまりできてないってこと?自分がGoogleOne契約してるから?

とりあえず自分の環境では無制限保存できてない

良かったところ悪いところ

よい
  • 不具合が少ない
  • リフレッシュレート90Hz設定
  • 完成度が高い
  • 明るさスライダーの設定できる
わるい
  • カスタマイズ項目が少ない
  • ライセンス関係

まとめ

2021/11月現在、今のところ一番おすすめ